“I am doing”と”I do”

違い、説明できますか? 何となく使い分けているけれど明確な違いを説明できない、そんな方は結構多いと思います。難しくないので是非マスターしましょう!

“I am doing”

“I am doing”には現在進行形、未来形、その他の用法の3種類あるので、それぞれ詳しく見ていきます。

現在進行形

現在進行形は、現在に視点を置いた時に、その周辺で継続していること(まだ終わっていないこと)を表すのに使われます。ずっと継続しているわけではなく、一時的なものであることに注意しましょう。

  • He is running in the park about this time.
  • She is working too hard without having lunch.
  • They are taking shelter from the sudden rain.
  • The dog is bleeding after it hit the pole.
  • The company is making a profit from huge condominiums popular with new riches.
  • The COVID-19 cases are increasing rapidly.
  • The society is experiencing rapid structural changes due to the pandemic.
未来形

未来形は、誰かと決めていたことや、もう決まっていることを表すのに使います。具体的な日時、曜日、時間等を伴うことが多いという特徴があります。”I am going to do”や”I will be doing”とほとんど意味の違いはありません。

  • I am leaving Japan in August to study abroad.
  • What are you doing tomorrow?
  • She has changed her job and is moving to her new apartment at the beginning of the month.
  • The government is having an international meeting for global warming next week.
その他の用法

その他の用法は、”always”等を伴いながら、好ましくないことを表すのに使います。”I am doing ~ too often”「~しすぎている」というニュアンスになります。

  • He is always complaining about his work.
  • They are always looking at smartphones on a train.

“I do”

“I do”は現在形と呼ばれる用法です。過去、現在、未来にわたり繰り返し起こるようなことや、一般的なことを表すのに使われます。ずっと継続していることにも使えることに注意しましょう

  • He gets sleepy after lunch.
  • She works hard to make sure her clients will be 100% satisfied.
  • My parents live in Osaka. They have lived there all their life.
  • Pets make us feel better when we are depressed.
  • The cafe is crowded regardless of time.
  • Some people believe that artificial intelligence will take control of humans soon.
  • Tokyo is one of the most densely populated cities in the world.

動作動詞と状態動詞

動詞は、状態動詞と動作動詞という2つのカテゴリーに分けられます。

  • 状態動詞は、状態を表す動詞で、“I am doing”の形を取ることはほとんどありません。知覚や認知に関わる動詞の多くが該当します。また、所属や構成(頻繁に変わらないようなもの)に関わる動詞も該当します。
    1. 知覚を表す動詞:”like”、”want”、”need”、”prefer”、”taste”、”hear”
    2. 認知を表す動詞:”know”、”realize”、”understand”、”recognize”、”believe”、”suppose”、”remember”
    3. 所属や構成を表す動詞:”belong”、”fit”、”contain”、”consist”
  • 動作動詞は、動作を表す動詞で、状態動詞以外の動詞が該当します。

ほとんどの場合は上記通りなのですが、状態動詞でも”I am doing”の形を取ることがあります。文法にひっぱられて(文法上の制約で)、仕方なくこの形を使わざるをえないという場合です。例えば、分詞構文や動名詞等によく見られます。

  • Knowing that he does a lot of double dealing, people are beginning to leave him.
  • Seeing is believing.
  • He prepared dinner without tasting.
  • The house belonging to the entrepreneur is said to be $1 billion.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です