“I will do”と”I am going to do”と”I am doing”

違い、説明できますか? 全部未来を表すのに使われるのはわかっていても、違いを説明するのは一筋縄ではいきません。今回は少し難しいので、何となくそれぞれのニュアンスをつかむだけでも大きな一歩です!

“I will do”

“I will do”は未来形と呼ばれる用法のひとつです。ちょうど今決めたことを表すのに使われます。

  • “She called you when you were out.” “OK, I will call her later.”
  • “Your dog hit a pole and is in animal hospital.” “Really? I will go there soon.”
  • “We are having a party today. Why don’t you come?” “Sounds great! I will.”
  • “He has dropped out of school without second thought.” “What will he do?”

また、不確かな未来のできごとを表すのにも使われます。具体的には、本当にそうなるのかわからず、あまり自信がない場合です。

  • It is raining, and crowds are still heavy. But the forecast says it will be fine.
  • She will be late for the meeting. She is always late.
  • If people do not follow the rule, the police will have the power to enforce it.

“I am going to do”

“I am going to do”は未来形と呼ばれる用法のひとつです。前から決めていたことを表すのに使われます。

  • “She called you when you were out.” “Yes, I know. I am going to call her later.”
  • “Your dog hit a pole and is in animal hospital.” “I heard that. I am going to go there soon.”
  • “Who are you going to invite to the party?” “I am going to invite a lot of friends of ours.”
  • “He has dropped out of school to learn what he wants to.” “What is he going to learn?”

また、不確かではない未来のできごとを表すのにも使われます。具体的には、現在の状況を考えると恐らくそうなるだろうと、ある程度自信がある場合です。

  • It is raining, but crowds are rolling by. it is going to be fine.
  • She is going to be late for the meeting. The train she is getting on has allegedly had a mechanical failure.
  • Since most people did not follow the rule, the police are going to have the power to enforce it.

“I am doing”

“I am doing”は現在進行形と未来形と呼ばれる用法で、ここでは未来形を扱います。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

“I am doing”と”I do”

結局どう違うの?

未来のできごとが、どれくらい起こりやすいかによって使い分けられています。“I will do” < “I am going to do” ≦ “I am doing”と右に行くにつれて、未来のできごとが起きやすいと言えます。

未来のできごとに自信を持つのは難しいものです。本とかニュースのように不特定多数に向けて発信するような保守的な場面では、”I will do”が多いように感じます。一方で、日常生活のように自分が主体となる場面では、未来のできごとを予測できる場合が増えてくるため、”I am going to do”や”I am doing”の出番も増えてきます。

実際のところ、会話中にこの3つを意識しながら使い分けるのは困難です。比較的違いがわかりやすい”I will do”と”I am going to do”さえ使い分けられれば十分だと思います。また、ある文脈で3つのうちどれを使うかは、本人が未来についてどう考えているかという主観的な判断になります。あまり神経質になる必要もないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です