“other”と”another”と”others”

違い、説明できますか? 何となく使い分けているけれど明確な違いを説明できない、そんな方は結構多いと思います。覚えたての頃は納得していても、少し時間がたつと混乱してしまい、結局毎回調べているというケースもよく見かけます。難しくないので是非マスターしましょう!

図で理解する(名詞)

名詞については、以下の図だけ頭に入れておけば大丈夫です。また、「他のもの」や「もうひとつのもの」等といった訳にあまりこだわる必要はありません。これらは全て「他のもの」と訳せるため、本質的な理解に繋がらないためです。

使い分けをマスターする(名詞)

もっと機械的に使い分けたい方は、以下のフローチャートを利用すれば、もう間違うこともありません。

名詞と形容詞

これまで名詞についてのみ見てきましたが、形容詞になるものもあります。考え方は名詞も形容詞も同じです。注意点としては、複数のものを形用する場合、”others”には形容詞がないため”other”を使うことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です